トイレの流れが悪い!トイレの流れが悪くなる原因とは?

トイレの流れが悪い!トイレの流れが悪くなる原因とは?

トイレの流れが悪い!トイレの流れが悪くなる原因とは?

 

トイレの排水をしても一度でしっかり流れてくれない時、何度も水を流していては、水道代が大変なことになってしまいます。

とりあえず流れているからと放置せずに、流れが悪くなっている原因を探してみましょう。

 

トイレの流れが悪い!?その症状とは?

 

「トイレの流れが悪い?」そのように感じる症状はさまざまです。

 

ご自宅などで以下のような症状が見られた時は、トイレの流れが悪くなっているサインです。

このサインを見つけたらすぐに対処法を考えましょう。

 

・流したあとに紙くずや汚物が残る

・流したあとに一度、便器の水が増える

・流れるまでに時間がかかる

・流したあとに便器奥から異音が聞こえる

 

トイレの流れが悪くなる理由

 

1.便器、排水管につまりがある

2.タンクからの排水量が少ない

3.タンクに溜まっている水量が少ない

 

トイレの流れが悪い時の解決方法

 

さて、トイレの流れが悪い原因が見つかったら、あとは解決方法を考えていきましょう。

 

それぞれの原因によって解決方法をご紹介しているので参考にしてみてください。

 

1.便器、排水管につまりがある

トイレットペーパーがつまり、時間がたっても解消されない場合

 

①お湯を流してみる
②ラバーカップを使用する
③トイレ用薬剤を使う
④ワイヤーブラシを使う

 

以上の方法でつまりが解消できる可能性があります。

トイレットペーパーによるつまりの対処方法は以下で詳しく説明しています。

トイレットペーパーでトイレがつまる?「つまった時の対処方法」は?

 

もし、固形物を流してつまらせてしまった場合は、排水管奥につまりがおこっていることが考えられるため専門業者に相談することをおすすめしています。

 

2.タンクから排水量が少ない

タンクに水が溜まっていて排水量が少ない場合は、ほとんどが、タンク内のボールタップやフロートバルブの劣化や破損が原因です。

交換のための部品はホームセンターなどで購入することができるためご自身での修理も可能ですが、不安な場合は専門業者に相談しましょう。

 

3.タンクに溜まっている水量が少ない

タンクの蓋を開けて中をのぞくと、溜まっているはずの水がほとんどない状態になっている時、最も多い原因が、タンク内のダイヤフラムやサイフォン管などの部品が劣化や破損です。

 

交換のための部品はホームセンターなどで購入することができるためご自身での修理も可能ですが、不安な場合は専門業者に相談しましょう。

さらに、止水栓に給水フィルターが付いている場合はフィルターが目詰まりすると給水量が少なくなることがあるのでフィルター清掃を行いましょう。

 

また部品の故障ではない場合は、水位調節リングや浮玉を使って水位の調節を試してみましょう。

 

まとめ

 

トイレの流れが悪い時に考えられる基本的な原因について解説させて頂きました。

流れが悪くても何とか流れているから問題ないと考えてしまいしまい、放置する事は、本格的なトイレつまりを引き起こす原因に繋がります。

完全にトイレがつまってしまう前に原因を特定して、早めに修理する事をお勧め致します。

 

もしも、トイレの便器がつまった時は専門業者、JMS株式会社にご連絡ご相談下さい。

 

 
 

よく頂くご質問

トイレつまり・水回り修理でよく頂くご質問と回答

修理お申し込みの流れ

トイレつまり・水回り修理をご検討、ご依頼の方法

トイレつまり修理料金

トイレつまり・水回り修理料金についてのご案内