スマートフォンをトイレの便器に落とした時の対処法は?

スマートフォンをトイレの便器に落とした時の対処法は?

スマートフォンをトイレの便器に落とした時の対処法は?

 

電話やメールの他にもスケジュール管理や目覚まし時計、ミュージックプレーヤー、支払いツールとしても、現代人にとってどんな時でもスマートフォンは無くてはならない物ですよね。

仕事で手放せない人も多いのではないでしょうか?

 

仕事中など公にスマートフォンをチェックできない時は、トイレの個室に入り、スマートフォンを確認する人も多いと思います。

ある企業が行った調査では、トイレに落としたことのある物のランキング1位がスマートフォンでした。

手を滑らせて落としたり胸ポケットやズボンのポケットに入れていて、落としてしまうことがあるようです。

そこで、こちらのページでは、うっかり便器の中にスマホを落としてしまったときの対処法をご紹介します。

 

参考にしてみて下さい。

以下よりスホと表記します。

 

水を流す前にスマホを落とした場合

 

当然のことながら1秒でも早く便器から拾い上げてください。

用を足した後、排泄物の中に落ちたスマホを拾うのは抵抗があるかもしれません。

 

スマホの大きさ的に流れていく事はないと思い、一度排泄物を流してからスマホを拾おうと考える人もいるようですが、スマホが便器に詰まる理由の1つがこのケースです。

水を流すと汚れたスマホを触ることはありませんが、便器の奥へとスマホが流れ水道業者に依頼しなければならない事態になります。

 

必要のないはずの労力と費用がかかってしまいますので絶対に便器の水を流すのはNGです。

 

便器の奥まで流れなかったことが不幸中の幸いと思い、まずは、頑張ってスマホを取り出してください。

手は、後でよく洗えば綺麗になります。

先ずは、大切なスマホを救い出す事に専念してください。

 

水を流した後にスマホを落としたことに気付いた場合

 

水を流してから胸やズボンのポケットに入れていたスマホを落としたことに気付いたとき、動揺すると思いますが素早い対応でスマホが流されずに済むかもしれません。

以下は、主に自宅のトイレを想定しています。

会社や商業施設の場合は、速やかに管理者へ連絡する事をお勧め致します。

 

まずは給水栓を締めて便器内に水が流れてくるのを止めてから作業してください。

 

自宅のトイレなら、便器内の水をくみ取ってゴム手袋を付け、スマホがどこに詰まっているのかを確認します。

棒などを使って確認していると誤って奥のほうへ押し込んでしまうかもしれないので気を付けましょう。

手でスマホを掴めたとしても、排水口は複雑に入り組んでいる為引っかかっていると取り出せないことが多くあります。

そのような場合は無理せず業者に依頼することをオススメします。

 

※トイレのトラブルにはとりあえずラバーカップ(通称スッポン)。とラバーカップを使用するのは絶対にやめてください。
ラバーカップは圧力で詰まったものを動かし、詰まりを解消する道具です。
使い方を間違えると圧力でスマホが更に奥まで押し込まれてしまいます。

 

スマホを便器から拾いだせたら

 

先ず、水気を拭き取ってください。

 

当然タオルなどでスマホを拭き取ると思いますが、見落としがちな部分もあるので記載しておきます。

 

・本体
・充電器差し込み部分
・電池カバー(機種によって取り外しできないものもあります)
・SDカード・SIMカード挿入部分
・イヤホンジャック
・マイク

 

本体外側の他にも水分を拭き取らなければならない場所がたくさんあります。

 

細かくて拭き取りづらい場所はティッシュをこよりにしたり、綿棒を使用すると拭き取りやすくなります。

 

このとき絶対にやってはいけないことが、スマホを振ることです。

 

水を出そうとしてスマホを振ってしまうと、水滴が内部に移動して状態を悪化させる可能性があります。

 

電源が入っていたら電源を切る

 

便器の中から取り出したスマホの電源が入っている場合、正常に動作するかすぐにでも確かめたいところですがまずは電源を切ってください。

 

電源が切れている場合も、電源を入れずにそのままにしておきましょう。

電源を入れることでデータが消えてしまうこともあります。

 

正常に動作するかを確かめるために、電源の入り切りを繰り返すと中の回路がショートしデータ復旧の可能性が断たれることにもなりかねません。

 

・電池パック・SDカード・SIMカードを外す

 

機種によっては無いものもあります。

電池パックは膨らんで破損する可能性もあり、取り外していないと本体も変形するかもしれません。

 

SDカードを挿入できるタイプのスマホは、SDカードにバックアップをしていればデータを戻すことが出来ます。

SDカードまで故障し読み取れなくなると大切なデータも消えてしまうので、すぐに取り出してください。

 

SIMカードは読み取れなくなるとスマホ本体とは別にSIMカード代がかかることがあります。

取り出せるものは全て取り出し水気を拭き取りましょう。

 

スマホを乾かす

 

まずやってはいけないことはドライヤーの温風で乾かすことです。

 

髪の毛と同様にすぐに乾燥させられるイメージがあるかもしれません。

しかし、すぐに乾くのは本体の外側のみで温風をあてることで中の回路が熱をもってしまい故障の原因になります。

風によって水がより奥にまで入り込んでしまい、悪化させてしまうケースもあります。

 

・天日干し、自然乾燥

・海苔などと一緒に入っている乾燥剤(シリカゲル)と一緒にジップロックに入れておく

・生米の中に入れる

 

ネット上では様々な方法が紹介されていますが、上記の方法などが多く紹介されています。

 

しかしどれも100%復活する保証はありません。

上記の方法でスマホを乾燥させても、内部の基盤部分が乾いたかを確認する方法は分解する以外ありませんよね。

 

電源を入れてみると通常通り使用できていたのに、数日経って壊れる場合があります。

それは、時間が経ち内部の濡れた金属部分が錆びたからです。

 

真水ではなく海水や洗剤の入った水の中に落とした場合は、さらに錆が広がるのが早いようです。

自力での修理をお試しになる場合は自己責任でお願いいたします。

スマホの修理店に持ち込むのもよいと思います。

 

まとめ

 

  • 誤ってトイレに落としてしまうもの1位はスマートフォン
  • 便器の中に落としてしまったら絶対に水を流さない
  • スマホを振って水を出す・ドライヤーの温風は故障の原因となる
  • 水に落としてしまったスマホは電源を入れてはいけない(回路がショートする原因となる)
  • 自力で解決できない場合は早めに専門の業者に依頼する

 

ご自身で便器から取り出せない時は専門業者、JMS株式会社にご連絡ご相談下さい。
 

 
 

よく頂くご質問

トイレつまり・水回り修理でよく頂くご質問と回答

修理お申し込みの流れ

トイレつまり・水回り修理をご検討、ご依頼の方法

トイレつまり修理料金

トイレつまり・水回り修理料金についてのご案内