トイレ便器と床の間(付け根)の水漏れは何故起きる?その対策は?

トイレ便器と床の間(付け根)の水漏れは何故起きる?その対策は?

トイレ便器と床の間(付け根)の水漏れは何故起きる?その対策は?

 

トイレで発生する水漏れの場所と原因は色々あります。

その殆どは、目視(眼で見て)状況の確認を行う事ができますが、トイレ便器と床の間(付け根)の水漏れはチョット見ただけではその原因がどこにあるのか判断が付かない場合が殆どです。

タンクへの給水管やウオシュレットからの水漏れと並んで、トイレ便器と床の間(付け根)の水漏れは以外に多く発生しています。

 

「原因が分からないんですけど、便器と床の間から水が漏れているので・・・見てもらえますか?」など原因調査や修理の依頼があります。

 

便器下の水漏れは、実際に便器下から水が漏れる(染み出す)場合と、他所からの水漏れを便器下からの水漏れだと勘違いしているケースもあります。

原因が分かれば、自分で対応できるかも知れませんし、無駄な費用や時間を浪費しなくて済みます。

この記事では、トイレ便器と床の隙間からの水漏れについてや、便器下からの水漏れだと勘違いし易いその原因と対策(修理)方法なども合わせてご説明いたします。

 

実際に便器と床の間から水漏れする原因

 

トイレ便器床下水漏れ

最初に、実際に便器下から水が漏れる(染み出す)原因についてご説明します。

トイレ便器と床の間(付け根)から水漏れを起こす直接的な原因は一つではなく複数の原因が考えられます。

 

便器と床の間(付け根)からの水漏れ(直接的な)原因

 

1、トイレの設置が上手くいっていない

2、便器のひび割れや破損

3、汚水管の劣化、つまりによる水漏れ

4、便器フランジやガスケットの劣化

 

1、トイレの設置が上手くいっていない

 

・ずれたまま便器を設置する

・必要な部品を付け忘れる

 
めったにない事ですが、設置ミス(位置がずれている)によるトラブルや必要な部品(フランジ・ガスケット)などを取り付けせずに便器を取り付けてしまったなどが考えられます。

 

便器設置イメージ

フランジ・パッキンの位置関係便器イラスト

 

対策方法

 

便器を一度取り外し、再設置を行う必要があります。

設置ミスによる便器下の水漏れは便器設置後早い段階で発生する事が殆どです。

便器の新規取り付け、便器の交換、トイレつまりでの便器の取り外し、再設置後などに設置ミスが原因で水漏れが発生する場合は、施工後トイレを使用すことで水漏れが確認されると思いますので、施工業者に直ぐに連絡を行い再設置してもらいましょう。

 

・便器の設置ミスであればすぐに再設置を依頼する

 

2、便器のひび割れや破損

 

外部からの衝撃や経年劣化により便器が破損している事で便器から染み出た水が床を濡らす事があります。

 

対策方法

 

便器が破損した場合は、その補修(修理)はメーカーや水道(水回り)修理業者では、安全上の観点から対応してくれない事も多くあります。

小さなひび割れ程度なら自分でホームセンターで補修材(防水パテやコーキング)を購入し、一時的な修理は可能ですが長期的に見た場合そこから更に破損が進む場合もあります。

状況をよく確認した上で必要なら水道(水回り)修理業者に連絡して、便器の交換をしなければならないかもしれません。
 

・便器の割れを自分で修理する必要があるかも知れません

・状況によっては便器交換も必要かもしれません

 

3、汚水管の劣化、つまりによる水漏れ

 

汚水管(排水管)が劣化し、一部にひびなどが入り、その隙間から漏れた水が床に染み出す事も考えられます。

また、トイレの排水管がつまる事で排水できずに水が染み出す事もあります。

 

対策方法

 

汚水管(排水管)が破損している時は、状況によっては排水管自体を入れ直す必要があります。

排水管の入れ替え作業には多くの費用がかかる事が予想されますで、先ずは専門業者に現地調査を依頼してください。

排水管のつまりでは、殆どの場合、トーラーワイヤー洗浄や高圧洗浄で状況を改善できますので、こちらも専門業者にご相談下さい。

 

・専門業者に排水管洗浄を依頼する

・状態によっては排水管の交換が必要

 

4、便器フランジやガスケットの劣化

 

フランジやガスケットは水が外部に漏れないようにパッキンの役目をする部品です。

1、のトイレの設置が上手くいっていないで説明した「フランジやガスケット」ですが、便器設置から年数が経過(10年以上)すると、劣化して本来の役目を果たさなくなります。

便器と床の隙間から黒っぽい水が染み出している場合は、「フランジやガスケット」が劣化する事で汚れが混じって染み出していると考えられます。

 

対策方法

 

フランジやガスケット交換では便器を取り外す必要がありますので、難易度がアップしますので、専門業者に連絡をして、劣化した、フランジやガスケットを交換する事で問題は解決されます。
 

・フランジやガスケット交換を専門業者に依頼する

 

便器下の床が濡れている原因

 

床が濡れているので便器下から水が漏れている、染み出していると思っていたが、実は他の事が原因で勘違いしてしまっているケースもあります。

こちらでは、勘違いし易いケースについてご説明致します。

 

便器と床の間の水漏れで勘違いし易い原因

 

1、結露

2、給水管からの水漏れ

3、温水便座の接続部分からの水漏れ

4、水洗タンクからの水漏れ

 

1、結露

 

夏、冬の気温差による結露で床が濡れている事があります。

 

対策方法

 

便器や部品の問題とゆうよりも環境的な面が強いので、結露が発生しないように環境を改善(温度・湿度管理)する必要があるかも知れません。

ごく稀に結露が発生するのか、頻繁に発生するのかにもよりますが、結露を放置していると壁紙にカビなどのダメージを与えたり、健康面でもリスクがあります。

又、建築構造材にも強度低下などの影響を与えかねません。

冬に結露が多いのは、加湿器や、暖房機の使用による外気温との寒暖差。
窓を閉め切る事により換気が足りないことが原因ですから、換気扇を利用するなど、必要な結露対策を検討してください。

 

2、給水管からの水漏れ

 

給水管本体や接続分の劣化・不具合により水漏れが管を伝わり床を濡らす事があります。

 

対策方法

 

漏水部分を特定しナットを締め直したり、コーキングテープなどで防水処理を行うなど、状態に応じて必要な処置を行います。

接続部の老朽化や腐食がある場合、応急処置だけでは近い将来、同様の問題が発生する可能性がありますから、無理せずに専門家に相談し、必要に応じて給水管などを交換する事を検討した方が良いかも知れません。

 

作業前に止水栓を止めましょう

 

作業を行う前には必ず止水栓で水を止めて下さい。

これは、作業中に急な水漏れを起こさない為に必要な措置です。

トイレの止水栓はマイナスドライバーなどを使って開け閉めするタイプが多いですが、ハンドル式もあります。

止水栓がトイレ内に無い時は建物全体、賃貸(マンションやアパート)ならお部屋全体を止める元栓を閉めます。

通常は屋外に設置されています。

マンションやアパートでは、部屋の外にあるメーターボックス内にある場合が殆どです。

回す方向は時計回りが一般的です。

 

代表的な止水栓のサンプル画像

 

止水栓の例

 

止水栓の止め方

 

3、温水便座の接続部分からの水漏れ

 

温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)と給水管を繋ぐ箇所から水漏れが起きる事もあります。

漏れた水が床へ垂れて床を濡らす事で便器下から水が染み出たと勘違いしてしまう事もあります。

漏水の原因は、接続部品のサイズが合わっていなかったり、緩みや接続ミス、給水ホースの劣化など様々な要因が考えられます。

 

対策方法

 

温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)は、水タンクを内蔵しているタイプとそうでないものがあります。

給水管や接続部など水回りの問題での漏水であれば水道業者や内容によっては自力でも対応が可能です。

 

温水便座の給水管や接続部分対応の一例

 

水タンク内蔵部分の不具合や本体の不具合で水漏れが発生している時は水道業者では修理ができない事が多いです。
※対応範囲に関しては現地での確認が必要になる事があります。

温水便座は電気製品である為本体の不具合で水漏れが起きている時はメーカー対応になります。

 

・水道業者が対応できる修理は給水管など水回りまで

・温水便座本体の不具合はメーカー対応になる

 

よく分からない、自分で行う事が難しいと判断したら専門業者にご相談下さい。

 

4、トイレタンクからの水漏れ

 

水洗トイレタンクの給水管やタンクと便器の接続部分の故障や不具合で漏れた水が床を濡らしている事もあります。

床が濡れていると床に意識が向きやすい上にタンク部分は便器後ろに設置されているため接続分が見づらい事もあり、床が濡れていると、便器下からの水漏れであると勘違いしてしまう事もあります。

よく確認したら、水がポタポタと垂れていたり、ジワーと染み出しているかも知れません。

 

対策方法

 

問題の箇所が発見出来たら部品交換や防水処理(コーキング)を行いますが、修理の為に水洗タンクを取り外す必要がある場合は、自力で行うのが難しと思います。

 

・どの部品を交換したら良いのか分からない

・工具がない為作業ができない

・そもそもどうしたら良いか分からない

 

自分で行う事が難しいと判断したら専門業者にご相談下さい。

 

トイレの床への水漏れに注意

 

トイレの床が水浸しになってしまうような症状であればすぐに対処が必要です。

マンションやアパートなど階下に別の住人がいる場合は、重大なトラブルになり、賠償責任問題にまで発展しかねません。

トイレからの漏水は感染症のリスクが伴う為、通常の漏水より賠償範囲が広くなる事も珍しくないので特に注意してください。

 

漏水の保険

 

マンションやアパートなどの共同住宅では、入居時に火災保険に加入する事で「水漏れ」や「水濡れ」事故が発生した場合、契約した火災保険の保証内容と「水漏れ」や「水濡れ」事故による条件が適用範囲なら、損害金額の支払いを火災保険で受ける事が出来ます。

「水漏れ」や「水濡れ」事故による損害賠償受けるためには「漏水などによる水濡れ」が加入した保険にセットされている事が条件になります。

火災保険に加入されている場合、ご自分の加入した保険が「水漏れ」や「水濡れ」事故に対応しているかを確認してください。

 

如何だったでしょうか?

トイレ便器と床の隙間からの水漏れについてや、便器下からの水漏れだと勘違いし易いその原因と対策(修理)方法など、状況の一部をご紹介させて頂きました。

しかし、自分で問題を特定、解決できない時は迷わずに水道修理の専門業者にご相談下さい。

 

 
 

よく頂くご質問

トイレつまり・水回り修理でよく頂くご質問と回答

修理お申し込みの流れ

トイレつまり・水回り修理をご検討、ご依頼の方法

トイレつまり修理料金

トイレつまり・水回り修理料金についてのご案内