トイレの凍結予防と万が一凍結してしまった時の対処方法

トイレの凍結予防と万が一凍結してしまった時の対処方法

トイレの凍結予防と万が一凍結してしまった時の対処方法

 

2018年夏、今年は今までにない猛暑に襲われていますが、それでも寒い冬は、確実にやってきます。

 

今年の冬の寒さは?

 

平年並み?暖冬でしょうか?例年より寒い冬になるのでしょうか?

 

北海道や東北地方などにお住いの方なら気温の下がり方によっては、水道管などの水回りだけでなく「水洗トイレ」が凍結するリスクがある事は既にご存知だと思います。

 

トイレは、北側に設置される事も多く、冬場には温度が下がり易く凍結がおこることがあります。

 

「気温が低くなりやすい場所(零度以下)のトイレ」では特に注意が必要です。

 

トイレの凍結で給水管・排水管や便器の破損に繋がる

 

以前に比べて凍結を防止するための様々な技術や工夫、インターネットによる各種情報(凍結予防)のおかげで大規模な修繕が必要なトラブルは少なくなっていると感じていますが、冬場の気温が「零度」を下回る環境では、水回りの凍結防止のための準備を行う必要があります。

 

特に長期間、家を離れなければならない時は、久しぶりに我が家に戻ったら、水が出ない、トイレが使えないなどのトラブルを避けるためにも水回りの凍結防止のための準備を忘れないでください。

 

給水管内や排水管内の水が凍結する事で、水が流れなくなるだけではなく、水が凍る事で体積が増え「膨張」する事で、圧力がかかりパイプに大きな負担となります。

 

トイレが凍結してしまう事で、トイレが使えないだけでなく給水管の破裂・破損、便器のひび割れやウォシュレットの故障などさまざまな問題を引き起こす事につながります。

 

・トイレが使えなくなる

・ウオシュレットの故障

・給水管の破裂が心配

・便器の破損の恐れがある

・タンク内の部品の破損

 

などが考えられます。

 

他にも、排水管が凍結する事で、排水が流れにくくなる事もあり、トイレのつまりに繋がります。

 

ウオシュレットなどは、家電製品として多くの部品が使われています。

 

凍結によって部品が機能しなくなったり、破損してしまう事があります。

 

購入時は、安く買えても修理費が高くなる事がある為、凍結が心配される場合は水抜きやメーカーごとの凍結防止を行うようにしましょう。

 

トイレが凍結しやすい条件とは?

 

トイレが凍結しやすい条件は地域や設置場所によっても少し違いはありますが、以下の条件を目安に凍結しやすい環境であるかを判断してみてください。

 

特に、気温が下がる冬場の屋外トイレやトイレを使用しない期間が長い場合に起こりやすくなります。

 

・環境条件によりますが0~-4度が一定時間続く時

・冬場に旅行などで数日間トイレを使用しない時

 

トイレが凍結しないための予防策とは?

 

寒冷地でトイレや給水管・排水管を凍結させない為の方法は、凍結する水を取り除く(水抜き)事が一番です。

 

トイレの種類によっても方法は異なるので、必ずトイレメーカーの説明書などを読んで行う必要がありますが、以下に参考までに主要な水抜きの方法をご紹介します。

 

※不要な漏水を防ぎ排水管内の水を空にする為にも、各種作業の前には、必ず、元栓(止水栓)を締めてから行ってください。

 

水抜きでトイレタンクを空にする

 

※まず止水栓を閉めておきます。

タンクの排水レバーを回しタンク内の水を全て排水して空にしておきましょう。

 

温水洗浄便座の水を抜く

 

※まず止水栓を閉めておきます。

温水洗浄便座の取扱い説明書を参照していただき、貯水されている水を抜いておきます。

また、便器に水を流し続けて凍結を予防する(流動方式)機能が付いている場合は設定しておくだけで簡単に凍結予防をすることができます。

※機能や凍結防止の方法は、お使いの温水便座の説明書に記載があるはずです。
不明な時はメーカーに問い合わせて見る方法もあります。

 

ヒーター付き便座なら温度を高めに

 

便座をヒーターで温める事ができるなら、温度を高めに設定して便座の蓋を閉めておくだけでも便器内の水の凍結を防げる場合もあります。

多少電気代はかかりますが、冷たい便座に座ったり、凍結で水が流せなくなる事態を回避できます。

しかし、長期間家を留守にする時や便座のヒーターでは役に立たないほど、温度が下がってしまう時は以下の方法をお試し下さい。

 

便器の水(封水)を抜いて凍結防止剤を入れる

 

※まず止水栓を閉めておきます。

トイレの排水の跡には、必ず便器の窪未(凹)に水が溜まる様に設計されています。

この水は封水(ふうすい)と言って排水管から上がって来る臭いを閉じ込める(封)役割を持っています。

もし、この封水を抜いてしまうと下水の臭いが上がってきてしまうので、普段ならおすすめできませんが、そのままにしていては凍ってしまうかもしれない!

そんな時は、凍結防止の不凍液が役に立ってくれます。

不凍液とは、寒冷地で車のエンジンを冷却する為に使用されるもので、自動車以外での使用例ではトイレの凍結防止に使われる事があります。

封水を抜く時は、灯油ポンプを使い、シュポシュポと抜いた後に、水の代わりに「一定量の不凍液」を注ぎこみます。

 

不凍液の割合は?

 

不凍液はどの位の濃度で使用すればよいのか?

不凍液は、気温やメーカー、製品によって希釈の割合が変わります。

付属説明書を読んで適切な割合で使用してください。

 

不凍液はそのまま流せるのか?

 

これは、不凍液の成分が何であるかによって変わってきますので、購入前によく確認して購入する事をお勧め致します。

不凍液の主成分は主成分はエチレングリコールなどであり、エチレングリコールは毒性があることから、早春の利用再開時に便器のトラップに溜められた不凍液は下水に流すことは禁止されている為灯油ポンプ等で抜いて清掃され利用開始される。不凍液には一部では毒性のないグリセリンが使用される場合があるが、この場合利用再開時清掃と同時にそのまま便器から下水に流される。

ウイキペディアより「不凍液」

※車用のウインドウウォッシャー液でも代替えが可能な場合もあります。

 

トイレが凍結してしまった時の対処法

 

まずは、「給水管」が凍結しているのか、「排水管」が凍結しているのかを確認します。

排水レバーを回しても、便器に水が流れない時は、給水管関係の凍結により水が来ていないと事が原因です。

 

給水管凍結の場合

 

1.トイレ内を暖め気温を上げる

 

屋内のトイレの場合、軽度な凍結は、まず暖房器具などを使いトイレ内を暖めて様子を見てみましょう。

この方法で解凍出来ない時は、給水管を温める方法を試してみましょう。

 

2.トイレの給水管を温める

 

凍結が考えられる給水管などにタオルを巻き、50度くらいの温水を少しずつかけてゆっくり溶かしていきましょう。

他には、ドライヤーの温風を配管に近づけ過ぎないように当て続けて溶かす方法があります。

どちらの方法も、急激な温度変化がおこらないよう注意してください。

 

排水管・便器内凍結の場合

 

1.トイレに温水を流す

 

便器内の凍結が考えられる時は、50度くらいの温水を少しずつ流してみましょう。

便器から水が溢れないように注意しながら、ある程度の温水を流したところで様子をみましょう。

 

2.自然解凍するのを待つ

 

軽度な凍結の場合、日中に室温が上がることで自然と解凍されてトイレが使用できるようになるかもしれません。

しかし解凍できる保証はないので、トイレを急いで使う必要がない場合のみ試せる方法になります。

 

トイレで凍結がおこった時、やってはいけないこと

 

給水管などが凍結している時に、熱湯を直接かける。

 

熱湯を直接給水管にかけて解凍しようとすると、急激な温度変化がおこり給水管が破裂する危険があります。

 

トイレタンクの水が凍ってしまった時、タンクに直接お湯を入れる。

 

急激な温度変化はタンク内の部品が、劣化や故障する原因になってしまいます。

また異物(ホコリや髪の毛など)がタンク内に入ってしまうことにもつながる為おすすめできません。

 

トイレの排水が凍結している時、排水レバーで水を流し続ける。

 

便器から水が溢れてしまう恐れがあるので、無理やり水を流し続けるのはやめましょう。

 

どうしても凍結が解消できない場合は?

 

トイレが凍結で使えなくなってしまい、いろいろと対処しても解消できない時は、水道工事の専門業者に相談をしましょう。

専門業者は、最短で凍結がおきている所を見つけて解消できるので、すぐにトイレが使えるようになります。

また、一度凍結がおこると、解凍した後に配管のひび割れや破損、パッキンの断裂などが原因で水漏れがおこりやすくなるので一緒に水漏れ点検を行ってもらうと安心です。

 

もしも、トイレのトラブルでお悩みなら専門業者、JMS株式会社にご連絡ご相談下さい。

 

 
 

よく頂くご質問

トイレつまり・水回り修理でよく頂くご質問と回答

修理お申し込みの流れ

トイレつまり・水回り修理をご検討、ご依頼の方法

トイレつまり修理料金

トイレつまり・水回り修理料金についてのご案内