専門家が教えるトイレつまりの前兆や原因・解消策・予防・業者の選び方

目次

専門家が教えるトイレつまりの前兆や原因・解消策・予防・業者の選び方

専門家が教えるトイレつまりの前兆や原因・解消策・予防・業者の選び方

 

トイレつまりは、大きなストレス

 
トイレがつまってしまった・・
水が便器に溢れそうになっている・・どうしよう!?

一刻も早く解消したいトイレつまりですが、つまりの原因や状態によって対処方法が異なります。

 

自分で直せるトイレつまりは?業者に依頼した方が良いケースはどんな時なのか。

トイレつまりを起こさない為に注意したい事や、業者に依頼する時に注意する事とは。

トイレつまりの前兆や原因・解消策・予防・業者の選び方についてご説明致します。

 

トイレつまりの前兆や症状

 

トイレつまりの前兆や症状

 
トイレットペーパーを流し過ぎた、異物を流してしまったなどつまりの原因がはっきりと分かればいいのですが、思い当たる事がないのに以下の様な症状がある場合は徐々にトイレつまりが進行している可能性があります。

トイレは毎日使う場所であると同時にトラブルが発生しやすい場所でもあります。

トイレのつまりは、ショックとストレスを与えます。

つまりが起きる前の前兆が分かれば、トイレがつまる前に対策を行う事ができるので参考にしてみて下さい。
 

排水に係るトイレつまりの前兆症状

 

排水に係るトイレつまりの前兆症状

 
1、水を流した時に流れが悪い

水を流した時に流れが悪い、トイレットペーパーや便の一部が残ってしまう時はトイレがつまる前の前兆です。

まだ、完全につまってはいない状態ですが、便器の排水路や排水管に異物(汚れ等)がある可能性があります。

放置したまま使い続けることで、異物(汚れ等)に便やトイレットペーパーなどが溜まってしまい、ある日突然つまってしまう事態が発生するかもしれません。

 
2、水位がいつもより高い

水を流した時に、盛り上ってから水が引いていくときもトイレがつまる前の前兆です。

上記の水を流した時に流れが悪い状態から更に進んだ状態であると言えます。

便器内部の排水路又は、その先の排水管に原因があるかも知れません。

この様な状態になった時は、水位の変化を確認してください。

時間が経てば、水位が下がるようであれば隙間がありますが、全く水が引かない時は完全につまっています。

水が少しずつ流れているのか完全につまっているのかで状態を判断する事ができます。

 
3、排水の流れが遅くなった

いつもなら勢いよく流れる排水が遅くなった時は便器の排水路や排水管に何らかのトラブルが発生している可能性があります。

 
トイレがつまる前兆!トイレがつまる前のサインとは?以下の記事も参考にしてみて下さい。

トイレがつまる前兆! トイレがつまる前のサインとは?

 

排水が悪い時の原因

 

1、便器内部や排水管に汚れや異物がある

ここでご注意ですがラバーカップ(スッポン)をむやみに使ってしまうのは危険です。
ラバーカップは、トイレットペーパーなど排水管に押し込まれても支障がないもに限って有効な道具です。

もし、異物が原因でつまりが発生したのであれば、つまりを更に悪化させる事になりかねません。

トイレつまりの原因がしっかりと分かってから適切な対応方法を選択し、実行しましょう。

 
2、汚水枡が汚れているためスムーズに流れない

排水桝(汚水枡)は通常屋外に設置されています。

桝の確認を行い枡がトイレつまりの原因であれば洗浄を行う必要がありますが、桝の汚れが原因である時は排水管内の洗浄も合わせて行う事が理想です。

 
3、水流が少ない

節水の為にトイレタンク内にペットボトルなどを入れるケースがありますが、汚物を流すのに必要な水量が得られない事が原因でトイレつまりを起こしてしまう事があります。

トイレの設計時には適切な排水量を計算しタンクの容量や排水量を決定するので排水量が不足するとトイレつまりが起き易くなります。

 
トイレタンクの構造の一例

 
トイレタンク内のイラスト
 

タンク内に、次の排水に十分な水が溜まると、③のオーバーフロー管の排水口手前で給水が止まります。

タンク内には十分な水が溜まっている事になっていますが、ペットボトルを入れる事で、本来流せる水の量が十分に確保できていない状態になります。

トイレットペーパーや大便を小の水流で流しきれない事も水流が少ないためです。

その他にも、タンク内の部品の故障で適切な水量を確保できない事があるかも知れません。

 

排水が悪い時の原因は以下の記事も参考にしてみて下さい。

トイレの流れが悪い!トイレの流れが悪くなる原因とは?

 

異音でのトイレつまりの前兆症状

 

異音でのトイレつまりの前兆症状

 

水を流すと異音(ポコやゴボ音)

 

水を流すと、ポコやゴボ音する時は、便器内や排水管内に不具合が発生している可能性が高いです。

 
1、便器内部での異音

水を流した時、便器の中で、ポコポコなどの音がする場合は、便器の中に何かしら異物があり、それが、水流を邪魔して異音になっているケースが多いです。

 
2、便器の下(奥)での異音

水を流した時、便器ではなく更に下(奥)の床から異音がする場合もあります。

便器ではなく排水管内に原因があると考えられます。
便器を外しても排水管内部をカメラを使って調査する必要があるかも知れません。

排水管内の汚れが原因であれば、トーラー(カンツール)や高圧洗浄機でメンテナンスを行いましょう。

 

トイレつまりが起こりやすい場所

 

トイレつまりが起こりやすい場所

 
1、せき

便器で一番つまり易い場所がこの「①せき」と呼ばれる部分です。

便器の排水路の中でも急角度曲がっている上に狭いためにつまりが起き易くなります。

2、排水路

「①せき」を通過しても排水路内ににも曲がりや窪みがあるためつまりが起き易いポイントになります。

また、排水管への流入口に固形物や汚れがある場合もつまりの原因になります。

 

トイレつまりの原因と対処方法

 
トイレつまりの原因と対処方法
 

トイレがつまった!業者に頼むとお金がかかる。

自分で対処できないだろうか?

トイレつまりはその内容によって自分で対処できる場合と業者に頼んだ方が良い場合があります。

こちらでは、トイレつまりのケース別に対処方法をご紹介いたしますので参考にしてください。

 

トイレつまりの原因は何?

 

何が原因でトイレがつまったかによって対処方法が変わってきますので、トイレがつまったら、先ずトイレつまりの原因を考えてみて下さい。

前兆の無い突発性のトイレつまりは「水にとける」または「水に溶けない」ものが関わっている事が殆どです。

その原因によって、自分で直せるか、業者に依頼した方が良いのかが変わってきます。

「水にとける」ものの代表がトイレットペーパーなど水溶性の紙類です。

「水に溶けない」ものは、固形物です。

トイレつまりの原因が「水にとける」ものであれば、自分でつまりを解消できる可能性がありますが、「水に溶けない」ものは自分でつまりを直せる可能性が低くなります。

それぞれ以下で詳しく説明いたします。

 

自分で直せる可能性のあるトイレつまり

 

自分で直せる可能性があるトイレつまりについてご説明致します。

自分で直せる可能性のあるトイレつまり主に水溶性の紙や便などが原因で起こるトイレつまりです。

 

トイレットペーパー

トイレットペーパーによるトイレのつまりはつまりの原因のトップと言っても良いでしょう。

適正量(平均使用量は一人あたり3~4ロール/月)を超えて使用する事でつまりの原因になります。
また、海外製のトイレットペーパー(水に溶けにくい・溶けない)などの製品でもつまりが発生しています。

 

対処方法は?自分でできるの?

トイレットペーパーによるつまりは、時間の経過や水やお湯、ラバーカップや圧力ポンプ、ワイヤーで解消できる可能性があります。

自分でできる対処方法

しばらく放置してみましょう。
自然に溶け出しつまりが解消されるケースがあります。

変化がない時は、水やぬるま湯、薬剤(溶かすのを促進)ラバーカップ(スッポン)の流れで作業を行います。
それでも改善されない時は他の原因も考えられます。
業者に相談する事をお勧め致します。

 

便(硬く長いものや量が多い時)

上記のトイレットペーパーとの絡みでつまる事が多いです。

特に硬く、長い便などがトイレットペーパーと纏まりつまりを起こします。

 

対処方法は?自分でできるの?

便(硬く長いもの)のつまりも時間の経過や水やお湯、ラバーカップや圧力ポンプ、ワイヤーで解消できる可能性があります。

自分でできる対処方法

こちらもトイレットペーパーなどの水溶性の紙のつまりと同様にしばらく放置してみましょう。
それでも解決しない時は水やぬるま湯、薬剤(溶かすのを促進)ラバーカップ(スッポン)の流れで作業を行いますが、カチカチに硬くなった便だと解れるまでに時間を要する事がある為ワイヤーなどを差し込んで崩さないといけない場合もあります。
予防ポイント
大量の便は、用足し中であっても複数回に分けて流したり、硬く長い便は流す前にトイレブラシなどでほぐしてから流すようにする事で便が原因のトイレつまりは殆ど回避する事が出来ると思います。

 

ティッシュペーパー

トイレットペーパーが無かった場合つい、代用品としてしまう事もありますがティッシュペーパーは水に溶けにくいのでトイレをつまらせる原因になります。

トイレットペーパーは水溶性で水に溶ける構造になっていますが、ティッシュペーパーは水に溶けにくいので便と一緒に流した場合や、排水路、排水管内が汚れている場合つまり易くなります。

 

対処方法は?自分でできるの?

ティッシュペーパーによるつまりは、時間の経過や水やお湯、ラバーカップや圧力ポンプ、ワイヤーで解消できる可能性があります。

自分でできる対処方法

水やぬるま湯、薬剤(溶かすのを促進)ラバーカップ(スッポン)の流れで作業を行います。
それでも改善されない時は他の原因も考えられます。
業者に相談する事をお勧め致します。
予防ポイント
ティッシュペーパー類はトイレに流さないようにする事が最大の予防方法になります。
トイレに流して安全な紙類は適量のトイレットペーパーなどの水溶性の紙だけだとお考え下さい。
流せる系の「ティッシュペーパー」も流さない方が無難です。
トイレの排水路や排水管の状態によって問題が起きる可能性が高いです。

 

流せる系(シート・ブラシ)

トイレに流せるお掃除シートやブラシなども流す量が多すぎるとトイレつまりの原因になります。

流して直ぐには問題がなくても、排水路や排水管の中に溜まっている事があります。
これは、トイレットペーパーと違い溶けだすのに時間がかかり、次に用を足した時にトイレットペーパーや便と絡まりトイレをつまらせてしまう原因になります。

 

対処方法は?自分でできるの?

つまりの度合いにもよりますが、流せる系(シート・ブラシ)も時間の経過や水やお湯、ラバーカップや圧力ポンプで解消できる可能性があります。

自分でできる対処方法
水やぬるま湯、薬剤(溶かすのを促進)ラバーカップ(スッポン)の流れで作業を行います。
それでも改善されない時は他の原因も考えられます。
業者に相談する事をお勧め致します。
予防ポイント
使用上の注意を確認し適量を流すようにする事が重要ですが、やはり排水管内部の状況や排水路の状況は千差万別である為、極力トイレに流すのはやめまた方が無難です。
トイレに流して安全な紙類は適量のトイレットペーパーなどの水溶性の紙だけだとお考え下さい。
流せる系の「ティッシュペーパー」も流さない方が無難です。
トイレの排水路や排水管の状態によって問題が起きる可能性が高いです。

 

残飯や嘔吐物

残飯や嘔吐物でトイレがつまる事もあります。

特に油分の多い食品や汁などを流すと台所(キッチン)の排水管同様に脂が排水管内や便器の排水路に付着する事でつまりを起こしやすくなります。
悪化すると排水管内部にどんどん付着し、排水管の内部が細くなり最後にはつまります。

嘔吐物などに排水を妨げるほどの固形物が多く含まれている場合も注意が必要です。

 

対処方法は?自分でできるの?

つまりの度合いにもよりますが、軽度なら水やお湯、ラバーカップや圧力ポンプで解消できる可能性がありますが、上記で説明しているように排水管自体がつまった時や嘔吐物に流れを妨げる程の固形物が多い時は、迷わず業者に相談された方が良いです。

自分でできる対処方法
軽度なら水やぬるま湯、薬剤(溶かすのを促進)ラバーカップ(スッポン)の流れで作業を行います。
それでも改善されない時は排水管自体のつまりなど他の原因も考えられます。
業者に相談する事をお勧め致します。
予防ポイント
食べ物の残り(油脂分)をトイレに流さない事が重要です。
嘔吐など緊急性があり、どうしてもトイレでといった時は油脂分を十分に洗い流す意味でも複数回排水する事をお勧め致します。

 

業者に依頼した方が良いトイレつまり

 

こちらでは、業者に依頼した方が良いと思われるトイレつまりについてご説明致します。

業者に依頼した方が良いトイレつまりは主に固形物が原因のトイレつまりや早い段階で処置した方が良いケースや技術が必要な場合です。

 

生理用品・おむつ

生理用品やおむつは、水に溶けるものではありません。
時間の経過とともに水を吸い、膨張してしまう為放置時間が長くなるとつまりが悪化してしまう可能性があります。

市販のワイヤーを使って取り出す方法もありますが、更に奥へ押しこんでしまう可能性もあり、また、便器を破損させたりキズを付けてしまう事が心配されます。

 

対処方法は?自分でできるの?

目に見える位置にあれば手作業で取り出す事もできますが、目に見えない、何処でつまっているのか分からない場合は業者に依頼する方が良いです。
便器の取り外しが必要になるケースが殆どです。

業者に依頼した方が無難だと言えます。

 

張るカイロ/湿布薬

張るカイロでトイレをつまらせるケースは特に冬場に多くなりますが、体に付けていた事を忘れて用を足し、そのまま流してしまうケースです。

湿布薬も同様です。
目に見える位置に無い、手探りでも探せない時は業者に依頼する方が良いです。

 

対処方法は?自分でできるの?

慣れない方がワイヤーを使うと更に奥へと言ってしまう可能性やワイヤーで便器を破損させてたり、キズ付けてしまう事があります。
こちらも便器の取り外しが必要になるケースが殆どです。

業者に依頼した方が無難だと言えます。

 

ペット関連(トイレ砂・シート・便)

ペットのトイレシートは水によって溶ける作用はありませんし、砂も水分を吸収した場合、膨らみ排水路や排水管を塞いでしまいます。

放置時間が長いと更に対処が難しくなります。

その為、できるだけ早く取り出す必要があります。
ラバーカップ(スッポン)などを使用して押し流そうとするのは危険です。

また、ペットの便をトイレに流すとつまる事があります。

屋外から持ち帰った便に石やゴミなどが付着していた場合もトイレに流すのは良くありません。
持ち帰ったペットの便は、ビニール袋などに入れしっかり封をしてゴミとして出す事をお勧めいたします。

 

対処方法は?自分でできるの?

ペットシートや砂をトイレに流してしまった時は、できるだけ早く取り出す必要があります。

目に目ない位置にシートがあったり、砂を流してトイレがつまった場合、便器の取り外しや排水管の洗浄が必要になる事が多いです。
その為、業者に依頼した方が無難だと言えます。

しかし、ペットの便だけが原因のトイレつまりであれば、お湯や水、ラバーカップ(スッポン)などで自身で対応が可能な場合もあります。

ペット便の処理に関しては、以下のJMS株式会社本社ウェブページで詳しく説明しています。

ペットの糞でトイレが詰まる?トイレに流せるの?

 

スマフォ・携帯電話・財布・ペン類・ライターなどの小物類

身に着けている事が多いこれらの物は、用を足す前や最中にポットから落ちてしまうパターンが多いです。トイレに流してから気が付いてもしかして・・・?

なんてはありませんか?

当然これらの物は水に溶ける事はありませんので何とか取り出すしかありません。

 

対処方法は?自分でできるの?

固形物はワイヤーでからめとる事が難しいです。

目視で見える範囲内にあれば、手で取り出せますがそうでない時は、確実に取り出さなければならない為、業者に依頼した方が無難だと言えます。

排水管内に落下していなければ便器を取り外し取り除きます。

 

おもちゃ・プラキャップ

小さな子供さんがいるご家庭であるのが、おもちゃや、その部品、プラキャップなど、便器に流すつもりはなくても結果的に異物(固形物)の落下によりトイレがつまってしまう
ケースです。

殆どの場合、大人がその事に気が付かずに急にトイレがつまった、流れが悪くなったので調査して欲しいとご連絡を頂きます。

以前からつまりの前兆がみられない時は、突発的な原因(異物落下)によるつまりです。

当然これらの物は水に溶ける事はありませんので何とか取り出すしかありません。

 

対処方法は?自分でできるの?

スマフォ・携帯電話・財布・ペン類・ライターなどの小物類の時同様に、ラバーカップ(スッポン)を使用するのも危険です。

目視で見える範囲内にあれは、手で取り出せますがそうでない時は、確実に取り出さなければならない為、業者に依頼した方が無難だと言えます。

ワイヤーやローポンプ(真空ポンプ)で引き寄せるか、無理なら便器を取り外し取り除きます。

スマートフォンをトイレの便器に落とした時の対処法は?の記事も参考にしてみて下さい。
 

スマートフォンをトイレの便器に落とした時の対処法は?

 

自分で直せる可能性のあるトイレつまり

 

・トイレットペーパーのつまり
・便(硬く長いもの・大量の便)のつまり
・ティッシュペーパーのつまり
・流せる系(シート・ブラシ)のつまり
・残飯や嘔吐物のつまり(軽度の場合)
 
自分で直せる可能性があるトイレつまりは、水やお湯で溶かせる可能性がある物が原因のトイレつまり。
排水管に流しても支障がでない物が原因のトイレつまりに限定されます。

 

業者に依頼した方が良いトイレつまり

 

・生理用品・おむつのつまり
・張るカイロ/湿布薬のつまり
・ペット関連(トイレ砂・シート・便)のつまり
・スマフォ・携帯電話・財布・ペン類・ライターなどの小物等のつまり
・おもちゃ・プラキャップ・固形物等のつまり
 
業者に依頼した方が良いトイレつまりは、水やお湯で溶かす事ができない物が原因のトイレつまり。
排水管に流すと支障がある物が原因のトイレつまりになります。

 
固形物や異物(水に溶けない物)が原因で発生したトイレつまりは、早い段階で水道局指定の工事店に相談される事をお勧め致します。

 

トイレつまりの解消法

 

原因や症状別にトイレのつまりについて詳しく説明してきましたがトイレつまりを自分で直したいとお考えの方向けにこちらでは、トイレつまりの解消方法を説明させて頂きます。

トイレ詰まりの対処法は経験が少なくても対応できる可能性が高いものをご説明致しますので、参考にして下さい。
自分でやる時間や自身がない時は、直ぐに水道局指定の工事店に相談される事をお勧め致します。

 

作業前の注意点

 

1、ご自身で作業される場合は、必ずゴム手袋をつけること衛生面で重要になってきます。
2、ウォシュレットなど電源がある場合は感電を防ぐため切ってから作業を開始しましょう。
3、新聞紙や雑巾などを用意しましょう。
4、必要があれば水漏れ防止に止水栓を止めてから作業を行いす。

 

止水栓の例

 

止水栓の例

止水栓は、壁や床に設置されています。

マイナスドライバーなどを使って開け閉めするタイプが主力ですが、水道のハンドル式もあります。
メーカーによって違いがある場合もありますので、分からない時はメーカーへお問い合わせ頂ければと思います。

止水栓がトイレ内に無い時は建物全体や賃貸(マンションやアパート)ならお部屋全体を止める元栓を閉めます。
通常は屋外に設置されています。

マンションやアパートでは、部屋の外にあるメーターボックス内にある場合が殆どです。

ウオシュレットに代表されるシャワートイレがある時は、もともとの止水栓に分岐金具が付いていて、そちらにも止水栓があります。
ウォシュレットのバルブと止水栓を間違えないように注意して下さい。

回す方向は時計回りが一般的です。

 

事前準備

 

最初に汚水が飛び散った時の事を考えてビニールや新聞紙などで床や壁に養生を行います。
便座カバーやトイレットペーパーホルダーにカバーがあればそれも外します。

準備が出来たら、便器の中の汚水や汚物をバケツなどに取り出します。

 

トイレつまり解消法その1(水・お湯)


 

バケツ

バケツで水やぬるま湯を便器に注ぎ込む
※お湯を使う場合、温度は45~50度位
熱湯は便器を破損させる恐れがあるのでいけません。

この方法は、トイレットペーパーや水に溶ける紙などが原因でのトイレつまりに効果的です。

高い位置から水やぬるま湯を注ぎ込むことで溶けずに残っているトイレットペーパーや水に溶ける紙など刺激して溶かし(分解)、排水に必要なすき間を作り流れやすくします。

 

ポイント

1、バケツに入れた水を、便器の排水口めがけて少し高い位置から便器に注ぎこみます。
バケツがない時はペットボトルや水の取れる所からホースを利用すしても大丈夫ですが、離れたところからホースを利用する時は必ず二人で行ってください。
上手く排水が確保できない場合に便器内に水が溜まり溢れてしまうのを防ぐ必要があるためです。
※固形物によるつまりと思われる時は水やお湯に勢いをつけて流すのやめて下さい。
固形物を更に奥へ押し込んでしまう原因になりかねません。

 

2、便器内の水位が高い時は予め水を抜き取って置いてください。
水が多すぎると、排水口に水を当てる事が出来ないので効果がありません。

 
3、一回で解決しない時は、水やお湯を溜めたまましばらく放置します。
つまりの状況にもよりますが、30分~1時間位が良いかと思います。

 
4、つまりが解消されると水を注ぎ入れても水位が正常な状態をキープします。

※つまりが解消したことを確認するまでタンクレバーを使って水を流すのは避けて下さい。

※この方法でつまりが解消されない時は次のラバーカップを試してみる

 

トイレつまり解消法その2(ラバーカップ)


 

水やお湯を使っても効果がない時は、薬剤をプラスする方法もありますが、ラバーカップ(スッポン)を使った方が良いかもしれません。

但し、トイレットペーパーや水溶性の紙以外がつまりの原因となっている時は使用しないでください。

トイレのつまりといえば、ラバーカップ(スッポン)と言うくらい定番ですから、ご存知の方も多いと思いますが、お客様に使い方を確認させて頂くと意外と正しい使い方を知らない方も多くいらっしゃるので改めて説明させて頂きます。

ラバーカップ(スッポン)は取っ手の先に半球状のゴムが付いた物で排水口に密着させ押しこみます。
この時ゆっくりと押しこみます。

つまっている原因を奥へ押しこむのではなく、手前に引き出すものですから、間違っても力任せに押しこまないでください。

ラバーカップ(スッポン)はホームセンターや100円均一でも販売されていますので比較的簡単に手に入りるかと思いますが、洋式、和式便器用と種類があり、カップ部分はサイズもありますので適正な物をお選びください。

便器の排水口に密着させる必要があるので、排水口よりかなり小さい物では十分効果が得られません。

 

ラバーカップ・和式・洋式用

 

ポイント

1、ラバーカップのゴムが水に浸るようにしておく(真空にする為)
水が少ない時は足しておくき逆に多い時は水を減らしておく。
ラバーカップは排水口と平行になるようにセットします。
 

2、便器内の水が跳ねて外に飛び出さないように、大きめのビニール袋などで便器を覆ってから使用します。
ビニール袋にラバーカップの柄の部分を出すための穴を開けセットします。
※床などには万が一の為に新聞紙などを敷いておくのもありです。
 

3、準備が出来たらゆっくりとラバーカップを仕込みます。
この時排水口に隙間出来ないように密着させて下さい。
 

4、最後まで押しこんだら、今度は勢いよく引きます。
便器の排水口に排水(水)が引き込まれるまで繰り返します。
押す時はゆっくりと引く時に強くです。
繰り返すと、押す時も強くなりがちです。注意してください。
 

つまりの原因を手前に引き出すのであって押し込むのでありません。
ご注意:トイレットペーパーや水溶性の紙以外のつまりはラバーカップは使わない方が良いです。
 

5、つまりが解消された感じがあったら、バケツなどでゆっくり水を注ぎこんでください。
解消されていれば、排水され通常の水位をが維持されるはずです。
 

つまりが解消されない時は、放置してみる事で解決する事があります。
時間の経過でつまりの原因が溶け出しいつの間にか解消する事は意外とあります。

 

ラバーカップのセット方法説明図
 

手入れを怠ると、菌が繁殖したりするのでラバーカップを使用した後は十分に洗い、屋外の風通しの良い場所(日陰)で乾かしましょう。

トイレットペーパーなどの水溶性の紙が原因のトイレつまり解消方法は以下のトイレットペーパーでトイレがつまる?「つまった時の対処方法」は?でも詳しく説明しています。
 

トイレットペーパーでトイレがつまる?「つまった時の対処方法」は?

 

トイレつまり解消法その3(ローポンプ)


 

ラバーカップ(スッポン)でもつまりが解決しない、時間が経ってもつまったままだ、そんな時はローポンプ(圧縮ポンプ)を使ってみる。

 

ローポンプ(圧縮ポンプ)は水道業者がトイレのつまり(トイレットペーパーなど)に利用する器具です。
排水口に密着させ手前にレバーを引く事で強い圧力を生みます。

ラバーカップの数倍の効果があります。
水に溶けない、硬い小物が詰まっていた場合でも引き寄せ取り除く事が出来る場合もあります。
 

ローポンプ使用画像

 

ラバーカップで改善しなかった頑固なトイレのつまりも改善する確率が高くなりますが、こちらもラバーカップ同様にトイレットペーパーなど水溶性の物がつまりの原因である時に最大限効果を発揮するとお考え下さい。

また、ラバーカップより価格も高価(2万円前後)なため業者に依頼した方が安くなると思います。

 

ポイント

1、ラバーカップ同様ある程度便器内に水を張った状態で使用します。
排水口に先端をゆっくりと押しつけ密着させ、その後レバーを引きます。

この動作を数回繰り返しつまりの原因を取り除きます。

操作はさほど難しくありませんが、ラバーカップ同様に水撥ねの心配もありますので慣れない方は新聞紙を床に敷いたり、コツを掴むまではゆっくり慎重に作業を行いましょう。

 

トイレつまり解消法その4(ワイヤー)


 

ラバーカップ(スッポン)やローポンプ(圧力ポンプ)でも改善しないトイレのつまりの場合は、ワイヤーを使う方法もあります。

ここで言うワイヤーは排水管のつまりを改善する為のワイヤーで、細長い金属のバネのようなものです。

ラバーカップ(スッポン)やローポンプ(圧力ポンプ)でも改善しない時はワイヤーの使用でトイレつまりが改善される事もあります。

先端にブラシが付いていて排水管に挿入し、つまりの原因を壊したり、絡めとってくれますが、扱いが難しい為、使い方に慣れていないと効果が期待できない側面も持っています。

 

ポイント

1、ワイヤーブラシを選ぶ際には強度(硬さ)を基準に選ぶ事が重要です。
排水管の曲がり具合にもよりますが、ある程度の硬さが無いと排水管の内部で曲がってしまいつまりが発生している部分まで届かない可能性もあります。
 

2、ワイヤーブラシを便器内に挿入する時はグルグルと回すようにネジリながら排水口から入れていきます。
ある程度まで入ったらつまりの原因を壊すようにワイヤーを前後させてみます。
もし効果がない時はもっと奥に原因がある可能性があるため、便器を取り外し作業を行う必要があります。
 

3、ワイヤーブラシを使用した場合、お手入れが意外と大変になります。
ワイヤーの隙間には汚物や菌が入り込んでいる為使用後は念入りに清掃を行ってください。

ご注意:ワイヤーブラシが用意できない時は針金状のハンガーを棒状に伸ばして代替品として使う方法もありますが、便器の排水口や便器の排水路に傷をつける可能性があります。

無理をしないで専門業者にご相談ください。
 

以上1~4までが一般の方でも直す事が可能なトイレつまりの代表的な例とその方法になります。

3のローポンプ(圧縮ポンプ)やワイヤーは費用面や技術面で少し敷居が高くなると思いますので、お勧めは2のラバーカップ(スッポン)によるトイレつまり解消までではないかと思っています。

以下では、水道修理業者が使うトーラー(カンツール)や排水管高圧洗浄について説明致します。

 

トーラーワイヤー(カンツール)

 
通常水道業者が使うワイヤーの道具はトーラー(カンツール)と呼ばれるもので、手動式や電動式があります。

ワイヤーの先端に数種類のアタッチメントを装着でき、用途に応じて使い分けます。
ワイヤーの長さも数十メーターまで対応する事ができますので一般的なワイヤーと比べて、その効果は絶大です。

 

トーラーワイヤー使用中

 

排水管洗浄

 

排水管内部にある汚れが原因でトイレがつまった時には、排水管内を綺麗にする必要があります。

方法は2種類で、上で説明したトーラーワイヤー(カンツール)を使用する方法と排水管高圧洗浄を行う方法です。

其々のメリットデメリットがあるのでここで説明致します。

 

トーラーワイヤー(カンツール)

 

排水管は古くなると強度が低下する事がある為、高圧力での洗浄で痛めてしまう事がありますが、トーラーワイヤー(カンツール)は高圧洗浄に比べて効果は少し落ちますが、排水管を痛めにくいといった特徴があります。

 

排水管高圧洗浄

 

排水管高圧洗浄は、高圧ホースの先から水を後ろに高圧で吹き出しながら排水管内を移動しながら洗浄を行うので排水管内部が漏れなく洗浄されます。

しかし高圧力が発生するので圧力に耐えきれない老朽化した排水管の洗浄にはリスクが伴います。

いくら効果が高くても、高圧洗浄を行えない場合もあるのです。

排水管の老朽化が心配される時はトーラーワイヤー(カンツール)を使い洗浄するのが一般的です。

 
排水管高圧洗浄イメージ
 

排水管高圧洗浄イメージイラスト

 

便器の取り外し

 

便器内の排水路につまりの原因が無かった場合のトイレつまりや、固形物によるトイレつまりは便器を取り外す方法でつまりを直します。

便器を床に固定しているボルトを外してから便器を取り外しますが、便器やタンクの水抜きを行い給水管の取り外し分解を行う必要があります。

ボルトが硬くて外れなかったり、便器を傷つけたり破損させてしまう恐れもありますから、一般の方が便器を取り外すのはハードルが高い作業になります。

 

便器の取り外し

 

ポイント

1、止水栓を止める。
 

2、灯油ポンプなどで便器やタンクから水を抜き取る。
 

3、給水管やタンクを便器から取り外す。
 

4、便器を固定しているボルトを外し便器を取り外す。
 

5、つまりの原因を取り除き便器やタンク、給水管を元に戻す。
 

6、最後にバケツで水を流し水漏れが無いかを確認する。

 

ボルトが腐食している為新しいボルトを用意しなければならない場合や、フランジと呼ばれるパッキンの交換が必要な場合もあります。
取り外しよりも取り付けの方が難易度高くなる事もありますので、この作業は専門業者に任せる方が良いと思います。

 

トイレつまり解消を専門業者に依頼する時

 

トイレつまりの前兆やつまった時、つまりの原因や対処方法などご説明してきましたが、トイレつまりを自分で直そうとするとかえって悪化させてしまう事もあります。

特にマンションやアパートなどの集合住宅では、他のお部屋の方に被害が及ぶ場合もあります。

トイレから溢れた汚水が階下にまで染み出し、リフォームをしなければならなくなったなどの事例もあります。

自分でトイレのつまりを直せない時は迷わず早めに依頼する事をお勧め致します。

では、どんな業者に依頼するのがいいのか?費用はどの位かかるかなど疑問もあるかと思います。

そこで、

業者に依頼した方が良いトイレつまり
トイレつまり解消に必要な費用や時間の目安
トイレつまりで業者を選ぶ時のポイント

 
について説明しますので参考にしてみて下さい。

 

業者に依頼した方が良いトイレつまり

 

ここまでで、トイレのつまりには、様々な原因がある事を説明させて頂きました。

トイレがつまった原因が明らかにトイレットペーパーなどの水溶性の紙が原因である時は自分で解決できる可能性があるので、水やぬるま湯、ラバーカップに代表される吸引器具を使用してチャレンジする事も可能ですし、一定の効果も望めると思いますが、原因不明や固形物や水を吸収すると膨張してしまう(おむつや生理用品、ペットの砂等)が原因で発生したトイレつまりは自分で直すのが困難なため業者に依頼する方が良いでしょう。
 

業者に依頼した方が良いトイレつまりの例

1、トイレがつまった原因が不明
 
2、時間が経っても水位が下がらない
 
3、固形物などによるトイレつまり
 
4、排水設備の老朽化でのトイレつまり

 

トイレットペーパーなどの水溶性の紙以外のつまりでは、ラバーカップに代表される吸引器具を使用したりワイヤーを使う事で奥へと押し込んでしまい、排水管工事を行わなければならなくなった事例もございます。

排水管設備の老朽化によるつまりは、排水管交換など根本的な改善が必要になります。

つまりの原因が不明、固形物等によるつまりの時は早めにご相談ください。

 
備考:トイレットペーパーなどの水溶性の紙によるつまりでも、つまりの状態や排水路や排水管の状態によりご自身で解決できないトイレつまりの事例も大変多いです。
その際も早めにご相談ください。

 

トイレつまり解消に必要な費用や時間の目安

 

トイレつまり解消に必要な費用や時間の目安ってどの位?

トイレつまりの解消にかかる費用や時間は、つまりの原因や状態によって様々です。

軽度のつまりであれば数十分で終了する時もありますが、固形物のつまりや原因が特定できない場合などは数時間かかる事も少なくありません。

つまりの原因が特定できない時は、原因箇所を見る事が出来ない為(カメラ使用もありますが作業費が高額な為状況次第)つまりを悪化させないように慎重に対処していきます。

作業の工程が多くなれば、作業時間も費用もアップします。

実際に作業を行う作業員と費用面などご相談、ご確認、ご納得頂いた上で、ご発注頂けます。

作業費の一例:JMS株式会社の場合

トイレットペーパー、流せるシートなどローポンプ作業で改善する場合、8,780円~(税、部品別)で対応させて頂いております。

各種作業費はこちら

 

トイレつまりで業者を選ぶ時のポイント

 

トイレのつまり解消の作業費は、トイレつまりの解消にかかる費用つまりの原因や状態によって様々ですと説明させて頂きました。

複数の業者に見積もりを依頼して決める方法もあります。

多くの業者は見積もり無料で対応(目視)していますので確認を行ってください。
※目視とは、作業が伴わない見積もりです。

JMS株式会社でも目視による見積もりは無料で行っておりますが時間や状況により有料となります。

お電話で作業員にご確認して頂いてからご発注して頂けます。

 
詳細は無料の事前見積でお知らせ
 

見積もり書を出す際には作業の内容とそれに伴う料金を明確に表示できるのか、アフターフォローはどうなっているのかを確認する事も重要です。
明確に答えられない場合は検討の余地ありです。

また、トイレつまりを解消する業者を選ぶ基準に「水道局指定工事店」とそうでない業者が存在します。

 

水道局指定工事店とは

私たちが日常生活で使用する大切な水を扱う「給水装置」(給水装置の新設・改造・修繕・撤去などの工事)の工事を行う為に必要な免許とゆう事です。

これは、水道法(条例)で定められている為、水道に関連した事業を行う場合に必要なものになります。

各自治他の水道局が業者を指定する事で「指定給水装置工事事業者」となる事ができます。
※水道局は厚生労働大臣に認可を受けた地方自治体の機関

水道局指定工事店に依頼したにも関わらず、手抜き工事や不当な高額請求があった場合は各自治体に相談する事ができますが、水道局指定工事店でない場合は対応してくれないですし、漏水トラブルで高額な水道料金の請求に対して減免申請できる制度がありますが、減免申請を行う際に必要な明書(漏水証明)は水道局指定工事店でないと発行出来ないので注意してください。

水道局指定工事店である事で、指定でない業者さんよりも信頼度がアップします。

不要なトラブルに巻き込まれない為にも、身元が明確な水道局指定工事店を選ぶ事は重要になります。

JMS株式会社会社の水道局指定工事店情報

 

トイレつまりを起こさない為にできる事

 

トイレつまりを起こさない為には、つまりの原因になるものを流さない

事が重要です。
 

・おもちゃやなどをトイレに持ちこまない
・トイレットペーパーを使い過ぎない
・適切な水量を維持する(節水時に注意)
・なるべくタンク回りに物を置かない
・身に着けている物をチェック
・流せるシートでも極力流さない(排水管の状態が分からない)

 


東京・埼玉・千葉・神奈川の
トイレつまりや水回りトラブルでお悩みならご相談ください。

急にトイレがつまって困ってしまった。

そんな、経験ありませんか、JMS株式会社では、様々なタイプのトイレのつまりを修理改善してきました。
トイレ便器内への異物や固形物などの落下によるつまりや、トイレットペーパーなど、紙類の流し過ぎで起きるトイレのつまりが一番多いです。

トイレがつまった時は、便器を取り外し、つまりの原因を取り除く事もありますし、紙類などで時間が経過すれば水に溶けるものであれば、ローポンプ(圧力ポンプ)を使うことでトイレのつまりを比較的短時間で解決する事ができます。

一般家庭や飲食店さま、事務所(会社)さまなど、JMS株式会社が、トイレのつまりや水漏れなどトイレのトラブルを解決致します。


 

 

 
 

 

トイレつまり・トラブル修繕事例