トイレつまりに繋がる!トイレに流してはいけないものは?

トイレつまりに繋がる!トイレに流してはいけないものは?

トイレつまりに繋がる!トイレに流してはいけないものは?

 

トイレのトラブルの大きな原因の1つが流してはいけないものを流してしまった、というものです。

 

ポケットに入れていた物やトイレの飾り、子供のおもちゃなどの固形物を誤って流してしまったというパターンと、もう1つは習慣的に流してはいけないものを流していた為に、それが詰まりの原因となってしまうというパターンがあります。

 

トイレは勢いのある水で一気に便器内の物(トイレットペーパーや汚物)を流すため、何となく、何を流して大丈夫だと思っている方もいるようです。

 

もはや習慣になっていて、何の疑いも持たずに異物を流している方もいるでしょう。

 

運が良ければ、そのまま流れて行ってくれますが、本来トイレに流してはならない物を流す事で、便器つまりや、排水管のつまりを引き起こし、改善修理に多額の費用が掛かる事もあるので注意が必要です。

 

今までは、運が良かっただけかもしれません。

 

トイレのトラブルはある日突然起き痛い出費となってしまいます。

トイレには便器や排水管内で詰まりやすいものは決して流さないでください。

この機会にトイレに流してはいけないものを覚えておきましょう。

 

基本的にトイレに流しても良いもの

 

・トイレットペーパー
・人の(大小)便
・水

トイレに流してよいものは原則、以上の3つです。

 

※ご注意

トイレットペーパーも1回で大量に流してしまうとつまる事があります。

詳細は、以下で説明しています。

トイレットペーパーでトイレがつまる?「つまった時の対処方法」は?

 

トイレに流さない方がよいもの

 

ペットの糞

 

ペットの糞を流してもよいかは自治体によって異なります。

お住いの自治体に問い合わせてみてください。

 

ペットの糞でトイレが詰まる?トイレに流せるの?

 

ティッシュペーパー

 

トイレットペーパーとティッシュペーパーは構造が違います。

トイレットペーパーは短い繊維を絡ませて、水の中ですぐにほどけ溶けるように作られた紙です。

反対にティッシュペーパーは、長い繊維で作られている為、水の中でもなかなか繊維がほどけず溶けにくくなっています。

その為詰まりの原因となってしまうことがあります。

そのまま流せる掃除シートなど便器や床などを掃除して、そのまま流すことができると謳った便利な商品がたくさんあります。

 

2013年当時、発売されている商品の中でトイレットペーパーと同じ基準で水中でほぐれる商品のほうが少なく消費者庁が警告を出す事態にまでなりました。

トイレットペーパーはJIS規格によりほぐれやすさの基準が決まっていますが、流せる掃除シートはそのような規格がありません。

ですから現在でも、トイレットペーパーと同じJIS規格をクリアしている商品とそうでない商品の両方が「トイレに流せる」商品として出回っています。

トイレットペーパーほど素早く水中でほぐれない為、詰まりの原因となることがあります。

できれば、掃除シートなどはゴミとして捨てたほうが良いでしょう。

また、「トイレに流せる」商品は詰まりを防止するために1枚ずつ流してくださいと注意文も記載されています。

 

嘔吐物

 

嘔吐するときはトイレに行くという人は多いのではないでしょうか。

プライベートな空間で嘔吐物をすぐに流せるため臭いも気にならず、何より処理が楽だからだと思います。

しかし、排泄物と嘔吐物は違います。

嘔吐物には消化されていない食べ物(固形物)と油分が多く含まれています。

排水管内に纏わり付き、配管を狭めることになります。

なるべくトイレではなく、何らかの袋に嘔吐し2重に封をして捨てるようにしてください。

もしトイレで嘔吐してしまった場合は、何度も水を流すようにしましょう。

 

デンタルフロス

 

デンタルフロスとは歯間の清掃用の細い糸のようなものです。

水に溶けない素材でできている為、当然トイレに流してはいけません。

排水管のなかで引っかかり、そこにまたデンタルフロスや汚物などが絡まり大きな塊になることがあります。

排水設備に大きなダメージを与えることになるかもしれません。

小さなものだからと、トイレに流すのはやめましょう。

 

その他にも、

 

・赤ちゃん用おしりふき
・錠剤(薬)
・綿棒
・髪の毛 などが詰まりの原因となることがあります。

 

トイレにはトイレットペーパー以外、流さないようにしましょう。

 

トイレがつまってしまったら

 

嘔吐物や「トイレに流せる」商品が詰まりの原因だとほぼ確定しているときは、お湯を流してみてください。

時間がかかっても少しずつ水が引いていく場合の詰まりは、紙類の詰まりであることが考えられます。

ラバーカップを使用して解決できる可能性が高いと言えます。

しかし、ラバーカップを数分使用しても詰まりが解消されない場合は、重症だと考えられるので業者に相談してみてください。

また、水が全く引かないときは異物が完全に配管を塞いでいる状態です。

ラバーカップを使用すると、圧力でさらに異物を奥へ押し込んでしまうかもしれません。

水道業者に相談するほうが良いでしょう。

 

まとめ

 

・基本的に排泄物とトイレットペーパー以外は流さない
・嘔吐物はつまりの原因になりやすい
・ラバーカップを使っても解消されないこともある
・つまりの原因に心当たりがないときは業者に相談してみる

 

もしも、トイレの便器がつまった時は専門業者、JMS株式会社にご連絡ご相談下さい。

 

 
 

よく頂くご質問

トイレつまり・水回り修理でよく頂くご質問と回答

修理お申し込みの流れ

トイレつまり・水回り修理をご検討、ご依頼の方法

トイレつまり修理料金

トイレつまり・水回り修理料金についてのご案内